葉酸サプリで高血圧が予防できる

MENU

高血圧予防に若い内から葉酸サプリの摂取を

高血圧は年齢に伴い発症する確率が違っていて、高齢になるほど発症する割合が高くなっていきます。高齢になると収縮期血圧が上昇して脈圧が増加したり、起立性低血圧や食後低血圧が起こり易い体になっていきます。

 

高齢者になると、家庭では問題なくてもクリニックなどで血圧をはかると高くなってしまう、白衣高血圧の症状も見られやすくなって、主な原因は動脈硬化が関わってきます。加齢により血管の弾力性が失われていくことや、これまでの食生活の乱れや運動不足の蓄積があらわれてくるようになります。

 

動脈硬化により血流の流れが悪くなると、血流量を維持しようとして高血圧になってしまいます。若いうちから葉酸サプリを服用すれば、高血圧の原因の一つである動脈硬化を防ぐ期待が持てます。

妊娠高血圧症予防にも葉酸サプリ

妊娠すると胎児の神経系の病予防として摂取を勧められますが、妊娠中に多くなってしまう妊娠高血圧症にも効果が期待できます。

 

高齢出差の人が発症しやすいとされていますが、初産であったり遺伝的な要素、もともと肥満であることやストレスが多く発散できない人も患う可能性が高くなっています。双子などお腹の中にいる胎児の数が多いことも血流に乗せて沢山の栄養を運ばなければならなくなるため体に負担がかかりやすく、血圧が常用しやすいことも分かっています。

 

たくさん食べることで塩分過多になり、中和しようと水分を多く血液中に溜め込んでしまうと、血液量が増えて血圧が高くなってしまいます。

 

ビタミンの中でも葉酸は、血流改善に役立つ成分で血圧降下が期待できる作用があることも大いに役立ちます。

葉酸サプリの適切な摂取量を守り予防する

高血圧の予防のために動脈硬化を改善させたいとき、葉酸サプリを取り入れると体内で、動脈硬化を促進するホモステインというアミノ酸を無害にしてくれます。だからといって必要以上に取りすぎると、体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

過剰に摂取すると、体質によっては発熱や蕁麻疹、かゆみなどが見られ、重い症状としては呼吸障害があります。ビタミンB12とともに赤血球を造血する作用もあるため、葉酸が増えすぎるとビタミンB12が不足して、正常ではない赤血球が増えて貧血を起こす可能性があります。

 

野菜などに含まれている葉酸なら、水に溶けやすく熱にも弱いので、調理により多くが失われて過剰になる可能性が少ないですが、葉酸サプリは体内に吸収されやすいように、水や熱の影響を受けにくくなっているので、摂取目安量より飲みすぎるとそのまま過多になってしまいます。